Language JPUS

PROFILE

207d05199448211ae212882ec49c193bDRUNKEN KONG

DRUNKEN KONG
(Tronic/Terminal M/SessionWomb)

DRUNKEN KONG は、D.Singh と DJ KYOKO が新しい techno music を作 ろうと 結成したプロジェクト。別々のバックグラウ ンドを持っている2人が組むことに よって、新 しいクラブ ミュージックを生み出すことを試みる。
2 人は DRUNKEN KONG として、2011 年に AGEHA でデ ビューし、以来 、渋谷 の WOMB、VENT、SANKEYS TYO の 他、地方や海外などで数々の Live をこな す。 2015 年には、ナ ポリの Loose Records から、オリジナルトラックを リリー ス。2016 年には、スイスの!Organismや、カナダの Unity Records、更にアメリカ の Transmit からも EP をリリース。

2015,16,17 年と、毎年 Christian Smith のレーベルの Tronic か ら も EP とコンピ レーションをリリースし、更に今年 2017 年 には、 Monika Kruse のレーベル、 Terminal M からも EP 『Chanted』をリリ ース、反響を呼んでいる。


特に Tronic からの【To The Piece】と Terminal M からの【 Chanted】は、 Beatport でテクノ EP チャート2位を獲得。

2017 年 2 月の時点で、全 7 曲のオリジナルトラックが、 Beatport のテクノチャー ト 100 位以内にランクインをし、日本人アーティス トとして快挙を成し遂げ、更 にテクノアーティス トとしては、世界 ランク19位を獲得した。
また今年6月にTronicから1st Albumをリリースし、こちらもア ルバムチャートで3位 まで伸ばし、世界に更に名を広げた。
彼らの曲は、Carl Cox, Adam Beyer, Christian Smith, Monika Kruse, Pan Pot, Noir, Uto Karem ,2000 and one の他、 Deadmau5 などの TOP アーティストの play にも 使用され、サ ポートを受けて いる。


日本では、Plus Records や、Session Womb からも多数リリー スしている。


彼らは、2016 年の夏にヨーロッパツアーを成功させ、 ADE(ア ムステルダム•ダン ス•イベント)にも初出演。そして2017年の SONAR OFF WEEKにも出演し、フロ アーが湧 く PLAY を見 せて多くのお客を魅了した。その他、オーストラリアツアー や、南米、アジアツアーも予 定。着実に活動範囲を世界に広げ ている。
日本でも DRUNKEN KONG presents のパーティー “INTENTION”を渋 谷 WOMB で開催。レジデントパーティーと して成功を納めている。

D.Singh は日本とインドのハーフで、アメリカの L.A.でオー ディオ エンジニアの勉 強をし、2008 年に日本に帰国。以来 アップテンポの トラックを作り始め 2009 年 には NONCITIZEN としてアーティストデ ビュー、Beatfreak Recordings から楽曲 をリリースする。
DJ KYOKO は 1995 年にレゲェ DJ としてデビューし、そこか らテク ノ、プログ レッシブ、ハウス、トランスとジャンルを移 行。そして 2003 年のスイスのスト リートパレードでは日本人 女性 DJ 初の play をし、そこから中国、韓国、イスラ エル、ア メリカなどのワールド ツアーも開始、成功を収める。
DJ、エンジニアの経験を十分に備えた二人が、今ここに集結 し、進 化する音を追 求するこの DRUNKEN KONG を、是非一 度堪能していた だきたい。

Drunken Kong tour dates